小説と違って漫画は読書に含まれないと言う方もいますが、漫画の表現は立派なエンターテイメント性の高い読書です。

読み終わった漫画をお店で買取
Back Number
読み終わった漫画をお店で買取

漫画は立派な読書です

子供の頃から、漫画が大好きでした。大人になったら漫画からは卒業するんだろうな、と思っていましたが、働くようになって自由なお金が増えると、自然に買う量が増えました。自分が好きな漫画がアニメ化すると、アニメから原作を読むようになったファンよりも先に知っていたという優越感があったりします。町の小さな本屋さんは減少傾向にありますが、都市の大手の本屋さんは増えているように思います。ビルのような建物に漫画専門のフロアがあり、手に取って選べる事は本好きにはたまらなく楽しい事です。

漫画は読書に含まれないと言われるのは、中高年の方に多いように思いますが、20代、30代の方はエンターテイメントの一部として認証していると思います。絵で見せることによって想像の幅が狭まる、と意見を耳にしたのですが、絵一つとっても、人によって感じ方は様々です。書き文字や背景の効果もお約束があるもの、それも受け手次第でギャグになったり、シリアスになったりするのが漫画の面白いところです。漫画を専攻する大学もあるということで、自分が進路を決める頃にその学科が設立されていれば、選択肢の一つになっていたと思います。日本が世界に誇れる文化の一つでしょう。