漫画やイラストを描く際に、表現に悩むポイントがキャラクターの服装とその描き方になってきます。

読み終わった漫画をお店で買取
Back Number
読み終わった漫画をお店で買取

漫画における服の描き方

漫画やイラストを描く際に、表現に悩むポイントのひとつがキャラクターの服装とその描き方になってきます。ここで簡単な服の描き方について紹介してみたいと思います。その際の最も大切なポイントは、見た目そのままリアルな服を目指すのではなく、あくまでそれっぽく見えるものを描くということです。また服装を描く場合にあたって知っておくべき大事なことは、漫画やイラストの技術と、服飾のデザインセンスは全く別のスキルであるということです。想像で描けばよいと言えばその通りなのですが、おしゃれや服飾に詳しくない場合は、素直に服の資料を探したほうが無難です。

資料の探し方としては、他の漫画やアニメ、ゲーム等の作品や、女性誌やファッション誌、テレビやネット通販サイトの画像等を見ていくのが良いでしょう。実際に描くにあたっては、まず人体の全身を描くということがポイントです。もちろん細部まで描く必要はありません。服装で隠れる部分については、棒線や円柱で十分です。これをしっかり描いておけば、完成したときに服の丈が妙な長さになっているというような、ちぐはぐな結果になることを回避することができるようになります。また服に入れるシワについては、なるべく省略する方向で、必要最低限の線を心掛けると良いでしょう。