漫画が上達するために必要な努力をどのようにすれば良いか、そのポイントについて紹介したいと思います。

読み終わった漫画をお店で買取
Back Number
読み終わった漫画をお店で買取

漫画上達へのアドバイス

プロの方に、漫画が上達するためにはどのような努力をすれば良いでしょうかというような質問をすると、必ずと言ってよい程帰ってくる答えが「なるべく沢山描きなさい」ということです。これは確かに間違いではなく、プロとして厳しい世界を生き残ってきた実体験から出てきた言葉なのでしょう。なるほど、じゃぁ沢山描けばよいのかと思いますが、プロの方のいう「沢山」というのは、私達の想像を絶する程の量であるということを知っておく必要があります。「自分なり」に一生懸命やったつもりになって、1日2〜3枚の絵を描き続けていても、なかなか上達しないということになるのは、そういう理由からです。プロ作家の中には、1週間で1冊のイラスト集を丸写ししていたという方もいらっしゃいますし、また1週間ペースで16ページの漫画を描き続けてきたという方もいらっしゃいます。

もし本気でプロを目指すという方であれば、同じ方法にチャレンジしてみるのもよいかもしれませんが、そうでない方は、もう少し違った方法で技術を磨いていくのも良いかもしれません。特に漫画に特化した技術向上のための基礎練習を紹介します。それは模写です。好きな作家さんの絵をひたすら模写し続けるのですが、もちろん最初は全然似ていない絵になるはずです。ここでもう一つの上達ポイントなのですが、自分の絵に赤ペンでチェックを入れて採点し、アドバイスを書き込んで行くのです。客観的に自分の絵が見れるようになるので、上達が一層深まっていきます。