イラストや絵が描けなくてもアイデアさえあれば、面白いオリジナル漫画を簡単に制作することができます。

読み終わった漫画をお店で買取
Back Number
読み終わった漫画をお店で買取

オリジナル漫画を制作してみましょう。

絵が描けない人でも、優れたアイデアさえあれば、面白い漫画作品を作ることが可能です。フリーソフトを利用してそうした漫画を作成する方法について紹介しましょう。まず必要になるのはMMDと呼ばれる3Dモデルでアニメーションを作成することができるフリーソフトを利用します。このツールを起動すると、女の子の3Dモデルが表示されます。関節や表情を動かすことができるので、自分がイメージしているシーンのポーズと表情を作り上げます。またカメラ位置を移動させることができるので、適切なアングルに移動させ、マンガのコマを意識して適切な場面を作ってください。それが出来たら、そのシーンを画像形式で出力します。ちなみにこの女の子の3Dモデル以外にも、多くのユーザーの手で、様々なキャラクターのモデルが作成されているので、そうしたものを使ったり、また複数のモデルを登場させたりして、シーンを作っていくことも可能です。

画像出力が出来たら、それを画像編集ソフトへ取り込んで、マンガのコマの形にトリミングします。さらにそこへレイヤーを重ねて吹き出しの駒と文字を入れてセリフを作成します。これで一コマが完成します。完成した駒は、同じく画像編集ソフトを使って、ページの中にまとめていきます。これを繰り替えすことでマンガを作成することができます。出来上がった作品は、画像を電子書籍のファイル形式に変更するためのフリーソフトがいくつか出ていますので、そうしたものを使ってPDF形式やEPUB形式に変換すれば電子書籍化することもできます。