漫画はいまでいうアニメとと少しイメージが違います。漫画家などはそんなに簡単にはなれませんから。

読み終わった漫画をお店で買取
Back Number
読み終わった漫画をお店で買取

漫画はいまでいうアニメとと少しイメージが違います。

漫画はいまでいうアニメとと少しイメージが違います。漫画家などはそんなに簡単にはなれませんから。漫画とアニメの違いは、まず技術的背景とアプローチが異なっていると考えたほうがよく理解できます。漫画は、雑誌などの掲載される紙文化です。アニメは技術を背景にした映像というように考えることです。紙文化の昔の漫画形態は現在にも存在し週間として売られています。だいたい、イラストが好きだから、得意だからという時代があって、漫画家になりたいという夢に馳せた若い人たちが多い時代はありました。ところが、現実は厳しく漫画家になりたくてもなれない、という時代があります。そこで偶然にも大都市で漫画家志望の若い女性でしたか、一枚ものの自作漫画を配布していた時代がありました。見たら、さすがにプロ級、セミプロ級と言うべきか、上手にコマ割りができています。一種の才能を感じましたが、すべての才能が世に認められるわけではありません。

好きであることは、一生懸命に努力し訓練を怠りません。そして技能が、プロ級に近づいたとしても、認知されなければ職業としてメシが食えないものです。イラスト技能が高くても、アイデアは斬新でも、ストーリィが物語の根幹になります。見せ方はアニメキャラクターみたいなものでもいいわけです。表現は実写ではなく、文章だけで勝負する小説でもなく、コマ割りとセリフで物語を進めるものです。映画の撮影現場でいうと、演出の絵コンテみたいなとこがありますが、独立すると漫画本になります。